RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, - -
タイマッサージのあれやこれや・・・4
 タイマッサージが全身をストレッチしながらほぐしていく総合的なマッサージだと、以前この日記にもつづったのですが、じゃあ実際どの程度、主に時間などはどのくらい掛けるものなのかはご存知でしょうか?

普通マッサージというと20〜40分、長くて一時間くらいの印象じゃないかと思うのですが

タイマッサージでは2時間が基本となります。

・・・・・・・・・・・・( ゜д゜)

・・・・・・・・・・・・( ゜д゜)ナガッ!?



タイ本国では「2時間が当たり前!!」となり、そこからプラスアルファで時間が延びたり延びなかったり・・・。

本来、タイマッサージというのは下半身重視のマッサージで、全体の7〜8割が下半身のマッサージと言っても良いかもしれません。

逆に考えると、それほどにタイ人は下半身が疲れ易く、肩こり等が少ないのでしょうね。

まぁ実際、2時間もマッサージされると考えると長いと思いますよねぇ(;^^)

ですがこれが案外、というか何というか・・・

ぜんっぜん時間が足らなかったりします!(;^^)b



全身を伸ばしながらマッサージしていくというタイマッサージでは、ゆっくりとした時間の中で眠らず醒めずの半覚半眠状態が続くよう施術を行っていくのですが、この状態で全身のマッサージを行っていくと、案外時間が足らなかったりします。

と・は・い・え、一日の内で2時間の余裕を作るというのはなかなか難しいモノです・・・。

なので、ウチも含めた日本におけるタイマッサージ店では、60分や90分といった「ショートコース」などを作り、タイマッサージに馴染みのない方にも受け易い内容を御用意しているといったカンジでしょうか。

しかしまぁ、ショートコースで60分以上とはこれいかに・・・( ;・・)

ですが先程も述べた通り、2時間ですら案外すぐに終わっちゃうような感覚なので、施術を行う際、肩が悪いときも、腰が悪いときも、脚が悪いときも必ずつま先から施術を行い、全身のコリをほぐし内蔵機能を活性化させて頭の施術で締めるタイマッサージに

とって60分というのはホントに「あっ!!」という間でしょうねwww

ですがその分タイマッサージというのは、他のマッサージではなかなか届かない(とされている)インナーマッスル、要は筋肉の深い部分、「筋肉の芯」とでもいう部分にしっかりと圧を届かせ、ほぐした後も持続力のあるマッサージを行うことが可能なのですっ

ヽ( `д´)ノ!!!

だからこそ、短くとも60分はお時間を頂くわけですね( `ω´)b

そんな、ちょっと変わった雰囲気をもつタイマッサージ。

次回皆様が受けられる時は、「意外と色々されてるんだなぁ・・・」ぐらいの軽い気持ちで意識してみるのも面白いかもですよ♪

ではまた次回〜( ^ ^)ノシ♪
author:キンカラ, category:-, 23:26
comments(0), trackbacks(0), - -
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 23:26
-, -, - -
Comment









Trackback
url: http://taimasa.jugem.jp/trackback/12